読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは罰である。

これは罰である。

 

これまで楽してきたツケである。

 

これまでなぁなぁにしてきたものが全て積み重なったのである。

 

いつしか、勝手にリズムとコツを掴んでいたと勘違いしていたのだ。

 

登りつめたその山頂から眺める景色はどうだろうか。山頂だと思ったそこは遥か谷の底、暗闇の中、何も見えないのではないのだろうか。

 

死ぬまでそこにいるがいい、と誰かに言われたかのように。這い上がることもせず、ただ死を待つだけの屍のようなものになってしまっているようだ。

 

もったいない時間だよ、全くね。