読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノート01

いつの間にか年をとり、子供の頃憧れた「大人」に近づきつつある。

 

しかしあの頃目指した大人にはとうていなれなかった。そもそも子供の頃、子供の視点から見る大人と実際の大人はかけ離れたものだった。

 

お酒を飲めるようになった。車を運転できるようになった。アルバイトをしてある程度お金を得る事が出来るようになった。

 

そうだ。僕が子供の頃に憧れてた、大人を羨ましく思った、妬ましいと思った大体のことができるようになったじゃないか。

 

しかしそれらは大人のたった一面でしかないのだろう。

 

溢れる欲望とそれ故の無関心に大人の僕は襲われた。

 

 

全てが退屈じゃないか。ダメなのだ理解してはダメなのだ。

 

 

 

 

だけれど僕は、大人に憧れていた大人になった僕は、虚構の中の遥か遠くにある幻想郷を目指すのだ。

 

 

そこが大人になった僕を唯一救ってくれる場所だと信じて。

 

ピーターパンもびっくりだろ?