九条くんの最近読んだマンガ特集。 【第1回】

■マンガは僕の生活の一部なのです。

みなさまはマンガを読みますか?僕はそのあふれ出るマンガ愛から無数のマンガを読み、買い、毎月の僕のなけなしのアルバイトのお給料を毎月毎月圧迫しています。

 

とまぁ、久々のブログで開幕ホラ吹きました。たぶん人並みにマンガを読んでいます。僕の発言の99%は嘘でできているのです。そんな僕のおすすめマンガを不定期に報告していこうという、所謂「誰得」な企画でございます。ここまで読んでくださった、時間を無駄にしたい珍客はどうぞよろしくお願いします。今回は7作品をご紹介します。

 

■「手品先輩」

f:id:natsuki-k-940:20170515143103j:plain

まずはこちら、「手品先輩」

手品大好きおっちょこちょいな先輩に後輩がただただ振り回されてラッキースケベするマンガです。ざっくりとですが、こんな感じで一話完結でサクサク読めて面白い。おっちょこちょいな手品先輩が可愛いくておすすめです。僕もこんな先輩に放課後振り回されてみたい人生だった。。

■「俺の彼女がマジメすぎる処女ビッチな件」

f:id:natsuki-k-940:20170515143556j:plain

タイトルと拍子で狙っている通りに、下ネタギャグ漫画です。

下ネタどんとこいやって人には絵も可愛くてはまると思います。容姿端麗・成績品行優秀の憧れの同級生に告白するとまさかのオッケーをもらい付き合うことになる主人公君なんですが、彼女は言動がズレまくった下ネタ連発な処女ビッチだったって話です。一見何を言っているのかわかりませんがそんな感じです。下ネタ大好きな人はハマれます。僕みたいな人におすすめです。

■「能面女子の花子さん」

f:id:natsuki-k-940:20170515144410j:plain

表紙のインパクトofインパクト。

ITANで連載されているということで「昭和元禄落語心中」のアニメをみていたらCMで流れてきて、すごく気になっていました。これだけ何の話か分からない表紙とタイトルに手を出すのは中々勇気がいりますが、これが面白い。家庭の事情から能面をつけて日常をすごす花子さんですが、中身はいたって普通の?女子高生なのです。そんな変わった女子高生の日常を描く漫画です。能面は正直、「怪異症候群」というフリーゲームのせいで怖いイメージしかないのですが、花子さんすげぇかわいく見えてきます。いっそ現実でも能面婚活パーティーとか開催して、人の本来の中身同士で恋愛するのもいいかもしれません。かもしれないですね。

■「うどんの国の金色蹴鞠」

 

f:id:natsuki-k-940:20170515145325j:plain

甘々と稲妻」のような感じなのかなと思っていたら全然違いました。

甘々と稲妻」を読んでいてアニメも見ていたのでこの表紙の感じから勝手に同じ感じのを想像していたら違いました。東京でPC使ってイケメンな仕事をしていた主人公が両親の死をきっかけに地元・香川に戻ると実家に謎の子供がいて、この子供と過ごしていくことになる・・・という、あったかーい話です。それは冬にすする丸亀製麺のうどんのように…僕の説明が悪かった。心温まりたい人、読んでみてください。香川のうどんを久々に食いたくなったのですが、遠いので丸亀製麺のかまたま食います。

■「幼女戦記

f:id:natsuki-k-940:20170515150521j:plain

幼女!!とかいって買うロリコンどもにきつい一発を浴びせます。

いや違います。主人公が幼女なしっかりとした戦記物で、そういうのが好きな人は楽しめます。こちらはカルロ・ゼン氏の原作を東條チカ氏によるコミカライズ作品。2017年1月~3月にはアニメも放送されていました。絵がすばらしく、僕は原作の方を読んではいないのですが楽しめました。そして主人公がなぜ幼女なのにここまで有能なのか、それはコナン君だからなのです。僕が全く予想していなかった設定で驚きました。おもしろいので、ぜひ。

■「風夏

f:id:natsuki-k-940:20170515151607j:plain

毎度おなじみラブコメ王・瀬尾公治の最新作。

「涼風」「君のいる町」等のラブコメが有名な瀬尾公治先生の作品で「涼風」の主人公とヒロインの子供が今回のヒロインです。そして今回、ラブコメ要素に加え、バンド、音楽という要素も中心になってくるストーリーになっています。相変わらず出てくるキャラは可愛いし、ちょっとエッチな感じも瀬尾公治節全開といった感じでありますが、、、。これもちょうど2017冬クールにアニメが放映されていましたが、実は原作とは別ルートが描かれています。アニメから入った人はこのルートに驚くことでしょう。知っていた僕でもやはり、辛いものがありました。とはいえ、瀬尾公治先生のラブコメは相変わらず面白い。おすすめです。「涼風」を読んでおいたほうがいいか?と思うかもしれませんが、読んでいなくても大丈夫です。読んでおくと小ネタがあって面白いですがね。

■「小林さんちのメイドラゴン

f:id:natsuki-k-940:20170515152733j:plain

メイドがドラゴンというわけです。

ざっくり過ぎますがまぁそういうわけです。酒の勢いでドラゴンを助け、ドラゴンをメイドとして迎え入れてしまった小林さんはドラゴンと共同生活を送ります。こちらも2017冬クールに京都アニメーションがアニメ化し話題になった作品です。まったーり読める作品で中々良いのです。トールと小林さんの百合の波動も感じれてホクホクできます。アニメを見ていた人ももちろん、漫画からでもまったり楽しめる良い作品です。こんなメイドがいれば、と一瞬思いましたが人間ともコミュニケーション取れないのでドラゴンではさらにハードルが高すぎます。メイドラゴンを読んで満足することにします。

 

■〆

というわけで最近読んだ7作品を書いてみました。自分の中でも整理できて中々良いものです。どれも面白い作品なのでぜひ気になった方は読んでみてくださいまし。と、書いている間にもマンガ読んでいるので、また読んだ作品がたまれば書きたいと思います。それではまた次回に。

いつか叶えたい、と唯一思いついたこと。

お久しぶりです。桜が咲き乱れています。春です。お久しぶりです。

 

 

新年度が始まり、僕はと言うと人生の、おそらく一番大きな岐路に立っています。

 

選択肢はいくらでもあって、でも、手に届かないものばかりなのかもしれません。

 

そこにあると知りながら、その実態をつかめないのです。だからこうも満たされず、上辺だけのものしか手に入れらていないのです。

 

 

長く短い人生を歩んでいく中で、僕は報われないでいたい。たぶん、みんなはそう思わない。けれど捻くれ者の僕はそうでないと僕の求めるものに近づけやしないし、面白くないと思う。

 

 

誰からも祝福されず誰からも愛されず誰からも知られない中で僕は何かを成し遂げたい。

 

僕だけが取り返しのつかない傷を負いながら、笑って死んでいきたい。

 

そんなビターエンドを望む僕は欲張りなのかもしれないからしかって欲しいという、助けを呼ぶ声なのです。

「Nintendo Switch」を買ったので語りたい。

任天堂の新型ゲーム機「Nintendo switch」を購入しました。wiiUは結局買わずにスルーしたのですが、「ゼルダの伝説」シリーズの最新作が出ると聞いて僕の3大欲求がすべてスイッチに対する物欲に変わりました。

 

というわけで予約戦争に勝ち、セブンネットで購入しました。初めてセブンネットを利用したのですが発売日の朝早くに届けてくれる神サイトでした。しかも代引き手数料なし、セブンのドリンク無料券までくれるモテサイトでした。みなさん利用しましょう。

 

f:id:natsuki-k-940:20170305154341j:plain

 

さすがにゼルダの限定版は手に入れられませんでしたがゼルダファンの友人が当然のごとくゲットしていたのでサントラはまた貸してもらうことにします。

 

 

ともあれスイッチをなんとかゲットできたわけですが、第1印象は思ったより小さい。スイッチ本体はちょうどゲームのパッケージと同じくらいでしたね。

 

そしてこのジョイコングリップにつけたコントローラー持ちにくそうだなと思ってたのですが全然そんなことなかったですね。まあ僕はジョイコン単体でゼルダはプレイしています。

 

カッとコントローラをつけたりはずしたりするのはなんか気持ちいいですね変形みたいで男心がくすぐられます。

 

ひとつ悪い点といえば充電しながらテーブルモードでできないことですかね、まぁテーブルモードで長時間やるかといわれればそうでもないですけど。ともあれ、テレビなしで本体のモニターでプレイできるというのは新時代感ありますね。

 

あともう一つ対応のゲームやってないのでわからないですけど、ジョイコンの横持ちはやりにくそうな感じがしました。

 

 

とまぁやっぱ新ハードはわくわくしますね。あとは良いゲームがたくさん出てくることを願うばかりですね。

 

そして楽しみにしていたゼルダについてですが、、、

 

やばい。

 

もともとない語彙力がさらになくなる感想ですが、本当にやばい。

期待がだいぶ上がってたのでハードルもガンあげでしたがめちゃくちゃ面白い。

 

確かに従来のゼルダとは違ったシステムではありますがゼルダでなくなっているわけではなく、これはゼルダだといえるゲームになっています。

 

とりあえずまだまだ途中なので終わり次第また語りたいと思います。とりあえずみなさんもゼルダ買いましょう!!

これは罰である。

これは罰である。

 

これまで楽してきたツケである。

 

これまでなぁなぁにしてきたものが全て積み重なったのである。

 

いつしか、勝手にリズムとコツを掴んでいたと勘違いしていたのだ。

 

登りつめたその山頂から眺める景色はどうだろうか。山頂だと思ったそこは遥か谷の底、暗闇の中、何も見えないのではないのだろうか。

 

死ぬまでそこにいるがいい、と誰かに言われたかのように。這い上がることもせず、ただ死を待つだけの屍のようなものになってしまっているようだ。

 

もったいない時間だよ、全くね。

ゲーム充。

ここ最近欲しいゲームが続々と出ます。時間はあるのですがお金がありません。学生故の悩みでございます。

 

明日発売のニーアオートマタも気になります。シリーズはやったことないのですが体験版して戦闘が面白かったのと独特の世界観がハマりそうだったこと、そして2Bちゃんが可愛かったことと2Bちゃんが可愛かったことが理由です。

 

そして来週には任天堂の新ハード、ニンテンドースイッチが発売されますね。Wii Uは買おうかなと言いつつ結局踏み切れなかったのですが、スイッチは割と興味があります。それにゼルダ新作にうまいこと釣られてます。正直これから発売される中で一番やりたいのがゼルダなのでスイッチごと買ってしまおうかと悩んでいるわけです。

 

そしてその数日後にはキングダムハーツの1.5+2.5がでますね。予約したっちゃしたんですけどスイッチを買ってしまうとお金がないので見送っても良いですかね。まぁ3が出るまでにやれればいいです。

 

そして月末にはブルーリフレクションがでますね。ガストの作る美少女が好きなのでただそれだけのためにやりたいです。いや、もちろんゲーム自体にも興味があるのですが、しかし今回は延期しないんでしょうか。僕的にはもうちょい後で出してくれても良かですよ。いや楽しみですけどね。

 

そして他にも現時点で発売してる仁王とフォーオナーも気になります。。

 

時間があるのにお金が追いつかないというなんとも世界は不条理なものですね。

 

ちなみに最近はペルソナ5を2週目進めてます。トロコン目指しつつ、彼女を作り怪盗ライフを送り世界を救っています。

 

そして僕くらいの怪盗紳士ともなると浮気などもってのほかです。各ルートごとにデータを分けています。今のところ、杏ルート、武見先生ルートのデータが出来上がっています。

 

 

この情熱を何か他のものにも向けられないのかと思う、九条でした。。。

2月を振り返ること、それ即ち過ち。

どーも。

三日坊主ならぬ開設坊主な九条でございます。

 

どうにかしてこの癖を治したいものです。

 

 

さて最近の僕の生活はと言いますと、人生の春休みに入りまして2ヶ月間お休みであるわけで、この2ヶ月間無駄にしないよう何かに打ち込もう!と思って早2月末、ゲームとアニメでほぼ時間を潰してしまいました。

 

2月は28日までしかないのでさらに今月は短く感じますね。

 

せっかくの休みなので何かしようとは思うのですが、特に思いつかず唯一行動したことといえば、このブログの開設です。自分の行動力の無さにため息でございます。

 

しかしまぁ趣味に没頭していたといえば聞こえはいいじゃあありませんか。物は言いようとはこのことなのです。

 

まぁその趣味であるゲームやアニメに関してですが、ゲームに関してはシャドウバースにハマっています。いやね、所詮ソシャゲかーなどといつものごとく食わず嫌いしていたら普通にハマりました。僕はこういう最初の一歩が出ないことがおおいです。

 

そしてアニメについては今期は久しぶりにたくさん見てますね。まぁ時間があるから、というのも一因ですが、面白いのが多いと思います。まぁこの2つの件に関してはまた別の記事で。

 

 

さて、まぁ振り返ってみると特に何もしてないいつもの自分が見えて、虚無感と罪悪感と愛しさと切なさと糸井重里が、襲ってきましたがまぁやることは結局思いつかないのでしばらく趣味に没頭する事にします。

 

とりあえず来週発売のニンテンドースイッチが楽しみなのでそれまで短いですが冬眠します。

 

それではまた来週。

ノート01

いつの間にか年をとり、子供の頃憧れた「大人」に近づきつつある。

 

しかしあの頃目指した大人にはとうていなれなかった。そもそも子供の頃、子供の視点から見る大人と実際の大人はかけ離れたものだった。

 

お酒を飲めるようになった。車を運転できるようになった。アルバイトをしてある程度お金を得る事が出来るようになった。

 

そうだ。僕が子供の頃に憧れてた、大人を羨ましく思った、妬ましいと思った大体のことができるようになったじゃないか。

 

しかしそれらは大人のたった一面でしかないのだろう。

 

溢れる欲望とそれ故の無関心に大人の僕は襲われた。

 

 

全てが退屈じゃないか。ダメなのだ理解してはダメなのだ。

 

 

 

 

だけれど僕は、大人に憧れていた大人になった僕は、虚構の中の遥か遠くにある幻想郷を目指すのだ。

 

 

そこが大人になった僕を唯一救ってくれる場所だと信じて。

 

ピーターパンもびっくりだろ?