5月病(自称)

新生活の激流に飲まれ、自分なりに必死に生きていたらもう5月も終わりです。九条です。

 

いわゆる5月病を発症しまして、という言い訳をかまし、生ぬるい濁った感情を抱きながら日々生きていました。なんとか。

 

与えられたことをこなし続けることで精一杯で自分をそろそろ見失いそうな今日この頃ですが、まぁ新生活を始めた方々も同じくそんな感情なんでしょうか。わからんけど。

 

 

そういえば初任給が入ってきたんですが、思ったより喜んでいない自分に戸惑いました。

どかっと今までにないお金が一ヶ月で入ってきたはずなんですが、特に嬉しさがありませんでした。

 

もっと入ってきたらテンションが上がるのかな、モチベーションが上がるのかな、なんて思ってたんですけどね。そんなもんですかね。

 

 

といったところで今の僕が反映されたぼやぁっとした記事でしたが、自称5月病の戯言として許してください。

 

それではまた6月病を発症した頃にお会いしましょう。byebye.

朝に飲む缶コーヒーは少し美味しい。

早起きする生活に戻ると少しまともになったと思う。

 

朝の空気はわりと美味しくて、朝の日差しはわりと心地いいことに気づく。

 

けれど機械的に迎える朝の心地よさは新鮮さに過ぎない。これがいつか、そう遠くない日には、自分にとって当たり前で普遍的で日常的な朝になる。

 

朝に飲む缶コーヒーは少し美味しい。

 

そんな新鮮さを毎日浴びたい貪欲な僕には生きる場所がこの世界にあるのだろうか。しかし、それは与えられるものではなく、自ら手に入れるものだと気づく。

 

そんなふうに気付かされた今日の朝に飲むコーヒーはただのコーヒーだった。

卒業

先日卒業式を迎え、無事大学生活を終えてきました。どうも九条です。

 

ここ一年はほぼ授業がなく、学校に行くことがなかったのでもう、大学生である実感が抜けていたので卒業の実感もわかないのかもしれません。

 

大学生活を振り返ってみると、どこか周りの年代とのズレを感じて、追いつけない自分が嫌で人と距離を置くようになったのかもしれません。人間同士の集まりにおいて、自分の素顔を100パーセント曝け出して付き合える集まりなんてそうそうないじゃないですか。ましてや大学なんて広い地域から集められた人たち、同じ大学に受からなければ、知りもしなかったどこかの誰かだったわけです。それでも大学生はお酒を飲めますので酔いにまかせて深く知りあった気になるのです。なんかそれが僕は気持ち悪く、居心地が悪く感じてしまうのです。簡単に言葉で形容してしまうのならば、大学生のノリ、が苦手だということです。

 

ホントはそのノリについてければ、ついて行くために自分に仮面をかぶせ笑えればいいのですが、どこかそれが面倒になってたのだと思います。

 

反対に高校生ではそんな風に仮面をかぶり、グループによって、また、受け入れられるであろうキャラクターを演じつつ、でもまぁ楽しく過ごしていたのです。

 

その反動でまた一から大学生としての自分を作ることに諦めてしまった、妥協してしまったことは、僕の大学生活の失敗点でもあったかのようにも思うし、それでも良かったのかと思う。

 

もともと自分の性格が、自己中な考え方をするなぁと自分で自分に思ったいたのですが、大学生活はいわばその自分に素直に生きれたんじゃないかと思う。寝たい時に寝て、サボりたい時はサボって映画を見て、朝まで遊んでぐったりと家に帰りそのまま寝たり。何やってんだろ自分、なんて思うほどやりたいようにやったあの怠惰で無駄に見えるあの日々は確かに楽しかったと言える。その思い出は大学生活の中で良かったと思える思い出の1つだろう。

 

高校の時はやはり色々と縛りがあった。人に自分の行動や何やを縛られるのが不快なので髪を染めた。それで何かが変わるわけではないのだけれど。そんな縛りが大学生活ではほぼ無くなった。恵まれていた環境に置かれていた。やりたいようにやってこれた。その先で僕はこれからのことを考えねばならない。これからも僕はやりたいようにやりたい。何がやりたいのだろうか、それもまだ見つかっていない。でも世界は割と残酷なもので、『あなたはもう大人です。』と不意に告げる。

 

知ってたはずの未来がすぐそこにきているというのに僕はまだ駄々をこねている。そこからの脱却、4年間は怠惰を貪ったので今年は動かなければならない。

 

子どもからの卒業式は夢の中で執り行われるのかもしれない。

2018

あけましておめでとうございます。

そんな新年のあいさつももう遅い時期になってしまいました。今年こそはマイペースすぎる記事の更新を速めたいものです。

 

2017→2018の年越しは人生で一番実感のない年越しでした。大晦日バイト行っていたこともありますし、卒論にも追われていたことも原因でしょうが、ああもう年越したんか、ぐらいでしたね。

 

2017年を振り返るとまぁ散々たる1年でした。生きてきた中でも中々、情緒不安定な1年でした。ここからでは届かないことを知りながら、ご迷惑をお掛けした方々に謝っておくことにします。2017年は発展途中、模索の1年、戒めの1年であったことを反省し、2018年は再スタートをきりたいものです。

 

とはいいますがまだ、いろいろと追われ、さらには今年から生活がガラッと変わることへの不安からまだまだ復帰できてないですね。とりあえず目の前のことを片付けてから徐々に、復帰していきたい。もとい、ここらでステップアップしていきたい所存でございます。

 

 

まぁ何が言いたかったのかよくわかりませんが、総括すると今年も頑張りましょうってことです。

さっさとしろクズ!!!

昨日、バイト帰りに初雪を見ました。

ここ最近寒くなってきていましたが雪を見ると冬をより実感します。

 

とりあえず寒いです。

 

 

久しぶりのブログですが、特に書く内容があって書いたわけではありません。今日一日はずっと家にいて卒論しなければ、と思いつつぼぉっとしていました。

 

ぼぉっとするくらいなら一日がっつり遊んでしまったり、マンガ読むなり、ゲームするなりすれば良かったのでしょうが、それらも特にやる気がおこらず、ただただネットを彷徨うさらに無駄な、それでいて非生産的な時間をダラダラと過ごしてしまいました。。

 

このダラダラと過ごす時間の感覚がものすごく早く感じ、より一日があっという間に、一日を無駄にしてしまった、という思いが強まってしまいます。

 

そんな無駄にしたな、と思う納得できない一日が最近よくあります。というかここ一年くらいに。たぶん、やるべき事はあるがそれが上手くいってない時におこってると思う。これは良くない傾向だ。そう自覚しても目の前の課題がサラッと解決することはそうそう無いのだ。

 

 

そんな日々が続いているのが原因の一つなのだろうが最近日々の楽しみ方を忘れてしまっている。朝起きて夜に寝て、そしてまた朝起きる。空腹を感じればご飯を食べるし、トイレにもいく。そんな人間が生きる上での最低限の行動しかできてない自分に腹がたつ。

 

しかしどうだろう、自分に生産性を求めているのにも関わらず、何を生み出したいのかが分からない、それが分からないから、と理由をこじつけて努力をしない。そんな自分のクズさ加減に嘆いている。

 

昔の自分は「楽しい事」「面白い事」に貪欲だった気がする。ここ数年で大人になってしまううえでその精神をどこかで落としてやしないか。もう一度取り戻したいと強く思う。

 

こんな愚痴のブログを書いて自分に偽物の満足を与えようとしても意味がない、何も満たされない。

 

満たされる日が来るのかはわからない。

 

それでも僕はそんな理想に憧れて、生きていきたい。

 

 

 

 

さっさとしろクズ!!!

モヤモヤ

気がつけば冬物の服を取り出し、敷布団をふかふかのあったかーいやつに変える季節になりました。九条です。

 

突然ですが、何だかなぁ〜て思う事ってありますか。僕はありますし、おそらくある人の方が多いんじゃないでしょうか。

 

僕くらいにもなると、あーあ、はぁ〜、何だかなぁ〜と口癖のように吐いているのでそばにいてもロクなことにはなりません。

 

たぶん生きていく上で納得できない事とか不安とか嫌なこととか何だかなぁ〜みたいなモヤモヤっとした感情って湧き出てきて当然なんだと思うんですよねぇ。それが多いか少ないかの個人差はあるとして。

 

そんなモヤモヤを噛み砕いてうまく飲み込めるのが大人のではないでしょうか。

 

そんでそのモヤモヤを無くすために人は色々するんだと思います。それが趣味であったり、好きな仕事だったり、飲みにいったり。

 

楽しそうに生きてる人ってそういうモヤモヤの解消の仕方が上手かったり、モヤモヤの数を減らして自分なりの生きていく楽しみを作ったり、そういう事に妥協せず手に入れようと努力している人なんじゃないだろうか。

 

って最近思う。

 

モヤモヤを抱えまくる僕はまだまだ子供だし、そんな楽しそうに生きている、頑張っている人に憧れる、今日この頃でございます。

九条Pのプロデュース日誌【00】「担当アイドルをご紹介。」

どうもこんにちは。プロデューサーの九条夏樹と申します。久々のブログ更新は私のプロデューサー業について書きたいと思います。

 

先日、リリースされてから2周年を迎えたスマホゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」というのをご存知でしょうか。

 

アイドルを育成しプロデュースしていく「アイドルマスター」というゲームのシンデレラガールズというシリーズの音ゲーに特化したゲームアプリがこちら、「スターライトステージ」となっています。

 

正直アイドルマスター765プロの方のアニメしか知らず、シンデレラの方はあまり知らなかったのですが、このスターライトステージがリリースられた時、流行に乗ってダウンロードした所、どハマりしました。

 

そして飽き性な僕がまだどハマりしているという恐ろしいコンテンツです。

 

 

そんなアイドルマスターでは、プレイヤーはプロデューサーとなりアイドルをプロデュースする、というわけで、自分の”担当アイドル”を決めていきます。

 

そこで今回はまず、僕の担当アイドルをご紹介します。

 

僕の担当アイドルは、

f:id:natsuki-k-940:20170831150816p:image

 

双葉杏ちゃんでございます!

かわいいの一言です。はい。

シンデレラガールズをあまり知らなかった頃でもこの子は知ってましたし、始めるならこの子だ!!!って事で担当をやらせて頂いております。

 

 

しかしこのアイドルマスターシンデレラガールズ、アイドルの子たちがまぁ多い事。魅力的なキャラばかりで正直担当アイドルを1人に絞れない!!!!!!

 

というわけで僕の担当アイドル、一番のメインで担当している杏ですが、他にも担当させて頂いているアイドルもいるわけでして、今回は他にも4人紹介していきたいと思います。(欲張り)

 

f:id:natsuki-k-940:20170905013050p:plain

ぶっちゃけ卯月の笑顔はただならぬ力を持ってると思うんですよね。思いませんか?とにかくいい笑顔をするしまむーこと島村卯月さん。

 

f:id:natsuki-k-940:20170919012647p:plain

かっこよさを持ちつつ、かわいいし美人ですよね。何かミステリアスな空気を出しているところも好きです。速水奏さん。

 

f:id:natsuki-k-940:20170919012631p:plain

 あふれ出る(えろさと)一生懸命なイメージがあって好きです。あと歌ってるときはかっこいい感じがして好きです。そしてCV洲崎綾さんに惹かれます(個人的に)。新田美波さんです。

 

そして最後は、

f:id:natsuki-k-940:20170919012704p:plain

よしのんこと依田芳乃ちゃん!清さがぱないですね、浄化されます。あと個人的に和風な感じがすごく自分の好みとマッチしててgoodest better the bestです。何といってもこのSSR衣装がかわいい(画像の服とは違います)。

 

 

というわけでざっと紹介させていただきましたがこんな感じです。ぶっちゃけまだまだ好きな子はいますし、何ならみんな好きになっちゃいます。

 

個性豊かなアイドルがたくさんいるのでお好みのアイドルはきっと見つかると思いますし、そしてリズムゲーとしてもめっちゃ楽しいし、バックではキャラたちが踊ってくれる、その上、基本無料!!!なんと基本無料でできるスマホアプリ「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」を始めてみてはいかがでしょうか。

 

僕と一緒にアイドルマスターというコンテンツにお金を費やしましょうよ!!!!!!!!!!!!

 

といったところで今日の昼ごはんは素うどんです。それではgood night。